みあきログ

『美味しさの追求』結局おいしいものを食べればいいってとこあるよね

韓国人も初めて!醤油タッカルビとチーズタッカルビ【韓国で辛くないものと辛い物】

 今回はタッカルビです。チーズタッカルビといえば、インスタ映えも相まって日本で流行っていますね。食べたことがある人は多いと思いますが、辛い物を避けていたので初めて韓国でタッカルビを食べました。

 タッカルビは基本的には辛い料理ですが、辛くないレアバージョンもご紹介します。

韓国辛くない料理まとめはこちら

チーズタッカルビ

f:id:miaki322:20190529213632j:plain

 タッカルビというのは、タッ(鶏肉)+カルビという意味なので鶏の部位を示します。一般的には、ピリ辛のヤンニョムで味付けされていて、鉄板(鉄なべ)で焼かれます。火を通すのに時間がかかるので、ある程度調理されてから提供されることもあります。

 ちなみに、上の写真は『辛くないタッカルビ』という名前のタッカルビにチーズのトッピングです。辛さ対策バッチリと思ったのですが、、、上の写真の見た目でわかると思いますが、韓国で辛くないといってもちゃんと辛かったです。

 
 

 韓国ではタッカルビをよく食べるのですが、基本的にはチーズのない普通のタッカルビを食べます。「チーズタッカルビを食べに行こう!」みたいにはならないですし、周りのテーブルを見てもあんまりいなかったです。

 でも、タッカルビに限らずチーズがみんな大好きなので、たっぷりチーズトッピングはメニューに標準装備という感じです。他の料理でもチーズ〇〇というのが何でもありますね。

 サツマイモの天ぷらが入っているのがおもしろいと思いました。

 最後はポックンパプ(チャーハン)にして食べます。写真は撮り忘れました。

 

辛くないタッカルビ

f:id:miaki322:20190529213637j:plain

 続いて、レアバージョンのタッカルビです。韓国人も初めて食べたといっていたほどです。味付けが醤油系なので、全く辛くなく焼き鳥という感じでした。

f:id:miaki322:20190529213635j:plain

 骨付きで炭火で焼くタイプです。元々はタッカルビは炭火で焼いていたそうですね。炭火で焼くこともあり、さらに焼き鳥っぽく感じますね。おいしかったです。