みあきログ

『美味しさの追求』結局おいしいものを食べればいいってとこあるよね

【レビュー】サッポロ 北海道 奇跡の麦 きたのほしを飲んだ感想 黒ラベルとは違う味わい

この麦で、ビールをもっとおいしく。
~1万種の中の奇跡の出会いから生まれたビール~

 今回ご紹介するのはサッポロビールから限定販売中の、北海道産ビール大麦「きたのほし」の麦芽を使用したビールです。一万種を超えるサンプルから香味劣化の酵素を持たない大麦を発見したことが奇跡といわれる所以です。

 うまさ長持ち麦芽100%を使用した黒ラベル『エクストラブリュー』も販売されています。
 SAPPORO
北海道奇跡の麦きたのほし

サッポロ北海道奇跡の麦きたのほし飲んだ感想
商品紹介(公式情報)

【内容量】350/ 500mL
【価格】216/ 308円(amazon)
【ALC.】5 %
【カロリー】41kcal/100mL
【原材料】麦芽、ホップ

特長紹介

 雑味のない味わい、クリーミーな泡、素材が生み出すビール本来の美味しさをぜひお試しください。

感想

きれいな泡に濃い味のビール

 きれいな白い泡に、濃いめの琥珀色のきれいなビールです。味は結構濃くて、コクもあります。苦みもしっかりあって全体的にボディが太い感じ。香りはいわゆる日本のビールらしい麦の香りのビールです。

 新発売なので劣化するほどの時間が経過していないかもしれませんが、もちろん変な臭いはしません。自信をもって、ビールのストレートな味わいと香りを前面に押し出したような印象を受けました。

 原料に米等が使われておらず、黒ラベルっぽくなく先に紹介したエクストラブリューとは違う味わいです。

【レビュー】超スッキリ!!じゃない華やかな香り サントリーブルーを飲んだ感想【新ジャンルビール】

天然水とエール酵母にこだわったスッキリ爽快な新ジャンル

 サントリーブルーを飲んでみました。新ジャンル(第3のビール)の商品で、最近ではアサヒ ザ・リッチ、サッポロ ゴールドスターなど高品質のものが続々と登場しています。

 サントリー ブルーは上記の2商品とは全く異なる商品コンセプトでサントリーらしい味わいで、新たに1つ選択肢が増えてうれしい新商品です。

SUNTORY
BLUE<サントリーブルー>

【レビュー】超スッキリ!!じゃない華やかな香り サントリーブルーを飲んだ感想【新ジャンルビール】
商品紹介(公式情報)

【内容量】350/ 500mL
【価格】112/ 194円(amazon)
【ALC.】5 %
【カロリー】42kcal/100mL
【原材料】発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)

特長紹介

 サントリーならではの天然水100%仕込の高品質にこだわりながら、醸造香が特長のエール酵母と、爽快感のある香りが特長のカスケードホップを使用しました。

感想

キンキンに冷やして華やかな香りと爽快感を

 注いでみると、バナナ・リンゴ系のあまい香りがして、エール感や小麦感があります(小麦麦芽は使用されているかわかりません)。泡は細かめで口当たりがいいです。

『超スッキリ!!』が売りのようですが、甘い香りは印象が異なります。飲んでみても、いい意味で味がしっかりしていて、甘味・酸味が強めで舌に残る感じの味わいです。

 口に残る酸味&甘味と、鼻に抜ける酸味っぽい香りが少し雑味にも感じられるため、和食よりも揚げ物とかがいいと思います。もしくはキンキンに冷やすと悪い部分が消えて良さが引き立ちます。

 THE RICHやゴールドスターとは全く違った方向性の第3のビールで選択肢が増えるのがいいと思います。

【海外有名ビール】ハイネケン&バドワイザー&ギネスビールを味わって飲みなおした感想・レビュー

海外有名ビール

 今回は、コンビニでも売っている外国の有名ビールハイネケンバドワイザーギネスビールをあらためて飲んでみました。知ってはいるけど意外と手に取らない人も多いと思いますが、日本のビールとは違ったおいしさもあるのでご紹介します。

ハイネケン Heineken

ハイネケン

商品紹介(公式情報)

【内容量】350ML
【ALC.】5%
【国】オランダ
【価格】200円ぐらい(スーパー)
【原材料】麦芽(外国製造)、ホップ

公式コメント

 世界192ヶ国以上で愛飲される、インターナショナルプレミアムビール。缶ビールは、バランスの取れたコク、爽やかな透明感、美しい黄金色をそのままキープ。裏切らないおいしさをお楽しみください。

 こちらは、いわゆる日本のビールの下面発酵のピルスナービールです。ピルスナーというのは淡い黄金色でスッキリとした味わいで、のどごし・キレを重要視する日本の一般的なビールとなっています。

感想

あっさりだけど旨みがある

 泡は結構しっかりしていて長時間消えずに保ちます。

 苦みは少なめで、うま味だけ残るようなさっぱり感があります。立ち上る香りも強すぎず、飲んだ後の香りもあまり残らないのがよりフレッシュなイメージがあります。甘味や少しの酸味は口に残ります。

 苦みが苦手な人やビールのビールらしいにおいが苦手な人にも飲みやすく、楽しめるビールだと思います。

 

バドワイザー Budweiser

バドワイザー

商品紹介(公式情報)

【内容量】350ML
【ALC.】5%
【国】アメリカ
【価格】200円ぐらい(スーパー)
【原材料】麦芽、ホップ、米

公式コメント

 140 年続くブランドは、現在世界85ヶ国で販売され多くの方々に愛されているビールです。“洗練された心地よいのどごし”は厳選された素材と伝統のビーチウッド(ぶなの木)製法から生まれます。瓶はツイストキャップを採用。ボトルオープナーなしでも、すぐ飲めます。

 バドワイザーは本来はチェコのビールの名前で、ドイツ系移民たちの手によってアメリカで販売がスタートしました。商標をアメリカで先に取ってしまったということで、訴訟にも発展した歴史があります。私は飲んだことがないのですが、「アメリカのバドワイザーは偽物だ!チェコのバドワイザー(ブドバイゼル)がおいしい!」という話をドイツに住んでいた人から聞いたこともあります。

感想

薄い薄いといわれども、良さもしっかりあります

 「バドワイザーは薄い」というのはアメリカ人からもよく聞く言葉ですが、やっぱり薄い味わいという印象です。特に後味は何も残らないという感じです。口に入った時には強い味はしませんが、苦味は少々あります。

 香りについては、りんご?のような酸っぱい感じと糖のような甘い香りも、飲み込んで鼻に抜ける一瞬あり、その後はほぼなにもないという感じです。薄いだけという評判も多いですが、人気がある理由もわかります。

ギネス GUINNESS DRAUGHT

ギネスビール

商品紹介(公式情報)

【内容量】330ML
【ALC.】4.5%
【果汁】ドイツ
【価格】280円ぐらい(スーパー)
【原材料】

香り : コーヒーと麦芽の甘みある香り
味わい : 麦芽とローストによる苦みと甘みの絶妙なバランス
口あたり : なめらかでクリーミィ、そしてバランスが良い
外観 : ベルベットのようなダークカラーにリッチでクリーミィな泡

 麦芽とローストした大麦がバランスよく合わさることで、一口飲むごとに甘みと苦みが複雑に絡み合います。こだわりの焙煎温度(111℃)によってギネスだけの豊かな味わいと濃いルビー・レッドの色をもたらします。

感想

まるでクリームのような泡は何度飲んでも絶品

 『中に入っている細かい孔の開いたボール&その中の窒素ガス』によってできるクリーミーな泡はドラフトギネスの一番の特徴です。なめらかな口当たりも手伝って、見た目とは裏腹に飲みやすいけど香りもしっかりした黒ビールです。

 上の商品紹介にも書きましたが、黒といわずルビーレッドダークルビーといった表現をしていて、黒ビールの印象が変わる味わいにもなっています。普段黒ビールを飲まない方にも是非飲んでいただきたいビールです。

 

www.miaki-koo.com

 

【レビュー】飲みやすい白ビール ヒューガルデンホワイト&ロゼの感想

【レビュー】ヒューガルデンホワイト・ロゼを飲んだ感想

やわらかい味わいのベルギーホワイトビール

 今回は最も有名な白ビールのひとつヒューガルデンからホワイトロゼのご紹介です。

 ベルギーホワイトは、麦芽・ホップに加えて、小麦・コリアンダーシード・オレンジピールが使用されてるビールで、ビールが苦手な人でもおいしく飲めるような飲みやすさと華やかさが特徴です。

 飲みやすさ原産国が韓国というのを今回気づきました。韓国では日本以上に有名で安かったのですが、なぜかわかりました。

 

 
 
 

ヒューガルデンとは

 15世紀半ば、ベルギー王国・ヒューガルデン村の修道士たちは、伝統的な麦ビールのレシピに異国の地から取り寄せたコリアンダーやオレンジピール等のスパイスを加え、新しいビールを造り始めました。彼らが生み出したのは、さわやかな味わいと魅力的な香りを放つ、世界随一のビールでした。創造性あふれる奇跡のクリエーション。それが今も続くヒューガルデンです。

 

Hoegaarden BLANCHE

【レビュー】ヒューガルデンホワイト・ロゼを飲んだ感想

 商品紹介(公式情報)

【内容量】330mL
【価格】278円+税
【ALC.】5 %
【原材料】麦芽、ホップ、小麦、コーンスターチ、コリアンダーシード、オレンジピール、アップルペクチン*

*ペクチンというのは、ジャムなどをゲル状にするために使用されている糖類で、口当たりをなめらかにするために使用されています。

感想

甘い香り&爽やかな香りとまろやか味わい

 真っ白できれいな泡立ち。コリアンダーシードが効いていて、少しスパイシーさも感じる甘い香りが強めの白ビールです。飲んで鼻から抜けるのは小麦ビールらしいバナナ系の甘い香りで、オレンジピールの存在感もしっかり。

 オレンジピールのさわやかな香りと、口当たり、甘い香りがよく合っているさすがのバランスです。味わいとしては、酸味・苦みは少し感じられる程度で飲みやすいです。

ヒューガルデン ロゼ

【レビュー】ヒューガルデンホワイト・ロゼを飲んだ感想

商品紹介(公式情報)

【内容量】250mL
【価格】299円+税
【ALC.】3 %
【原材料】麦芽、ホップ、小麦、糖類、果汁(ラズベリー、リンゴ、いちご、エルダーベリー)、コリアンダーシード、オレンジピール/ 酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK)

感想

深みのあるベリーの香りの甘いビール

 

 香りはベリーがメインで、オレンジやコリアンダーシード、瓶の100%国産リンゴジュースのような複雑な香りです。香りだけでなく味も甘くて、ビールという感じは少なくアルコールも3%でとても飲みやすいです。

 後味に少しビールの香りもして、小麦系の甘いビールの香りと調和しています。

まとめ 

どちらも飲みやすくみんなに受け入れられる味

 世界中で愛されているビールなだけあって、万人受けする味わいに加えてしっかり特徴のある味わいを持っているビールです。いわゆる日本のビールが苦手な人には第一におすすめしたいビールですね。

コンビニPBの第3のビール感想&特徴比較(ローソン ゴールドマスター/ ファミマ クリアモルト/ セブン ザ・ブリュー)

コンビニのPB第3のビール比較70%オフもローソン  GOLD MASTERファミリーマート  CLEAR MALTセブン  Suntory THE BREW比較 コンビニのプライベートブランド(PB)商品の新ジャンル(第3のビール)の飲み比べをしてみました。コンビニは便利ですが値段が高いですが、PB商品であればスーパーで購入するような価格で手に入るのがうれしいです。

 今回は、セブンイレブンのSUNTORY THE BREW, ローソンのGOLD MASTER、ファミリーマートのクリアモルトの3種類比較です。

まとめ


 結論(個人的な)としては、セブンイレブンのサントリー・ザ・ブリューが最もおいしかったです。ビールらしさを最も重視して判断しました。味がしてもビールの味じゃなかったらいまいちという感想です。 

コンビニのPB第3のビール比較70%オフもローソン  GOLD MASTERファミリーマート  CLEAR MALTセブン  Suntory THE BREW比較 雑味のなさは、ビール以外の穀物のような変なにおいを意味しています。 セブンイレブンはあっさりしていたものの最もまずくない感じでいいと思いました。

 

 
 

 

 

 

セブンイレブン


コンビニのPB第3のビール比較70%オフもSuntory THE BREW比較

商品紹介(公式情報)

【価格】114円+税/ 163円+税
【内容量】350mL/ 500mL
【ALC.】5%
【原材料名】発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)
【製造場】サントリービール

感想

 セブンだけ商品パッケージににサントリーとしっかり明記されています。麦感は感じられて後味はさっぱり。変な味はせずになかなかおいしいです。後味が口に残らないさっぱり感ですが、飲んでいるときは麦の味と少しの苦みが感じられます。

ファミリーマート


コンビニのPB第3のビール比較70%オフもファミリーマート  CLEAR MALT

商品紹介(公式情報)

【価格】114円+税/ 163円+税
【内容量】350mL/ 500mL
【ALC.】5%
【原材料名】発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、糖類)、大麦スピリッツ
【製造場】麒麟ビール

感想

 立ち上る香りはさわやかでいいです。飲んでみると、甘い香りが強め、苦みも強め、後味もしっかり残ります。後味が残るのも強めで、味やコクを優先している印象を受けます。

 しかし主には穀物系の味やにおいで、ビールっぽくない味がとても強いです。淡麗のプラチナダブルのような味もして、正直あまりおいしくないです。

ローソン


コンビニのPB第3のビール比較70%オフもローソン  GOLD MASTER

商品紹介(公式情報)

【価格】100円+税/ 137円+税
【内容量】350mL/ 500mL
【ALC.】6%
【原材料名】発泡酒(麦芽・ホップ・大麦、コーン、糖類)・大麦スピリッツ
【製造場】麒麟ビール

感想

 香りは薄目ですがやや穀物感があり、甘い糖系の香りがします。味はしっかり余韻があり、苦みもそこそこあるので、しっかり味を感じさせるタイプの第3のビールとしては、悪くはない印象です。

↓いつの間にかパッケージが変わっていました(4/14?)。味はあまりかわっていないと思いましたが同日に飲み比べてはいないです。

ローソン GOLD MASTER新パッケージ

【レビュー】苦みしっかり エチゴビールのんびりふんわり白ビール(ヴァイツェン)の感想

WEIZEN for a relaxing time

 ビールの原材料や製法へのこだわりよりも、気分とシチュエーションを前面に出した新しいコンセプトのクラフトビールです。かわいいパッケージからも伝わるように、普段ビールを飲まない人にも選ばれる定番商品を目指して開発されました。

 ただし、「ビールが苦手な人にも」という商品とは違います。苦味もなく、あっさりとした白ビールではなく、苦み・ビールらしさもあり柔らかさもある「普段飲まない人にもビールを好きになってほしい」というのが伝わる商品です。

エチゴビール
のんびりふんわり白ビール

【レビュー】苦みもしっかり エチゴビールのんびりふんわり白ビールの感想

商品紹介(公式情報)

【内容量】350mL
【価格】266円+税(希望小売価格)
【ALC.】5%
【原材料】小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ

特長紹介

 酵母由来のフルーティで爽やかな香りや、やわらかい口あたりと喉越しが特徴のヴァイツェンです。ゆっくりと過ぎていく自分の時間を楽しみながら味わっていただけるように、やさしい味わいのビールに仕上げました。

感想

ホップの苦みを感じられるキリッと白ビール

 色はやや濃い目でヴァイツェンなので濁りがあります。白ビールによくある甘いバナナのような香りは強くなく程よく感じられる程度。

 そして何よりも特徴的なのがしっかりした苦み。後味にもホップの苦みが残ります。ビールのおいしさを生かし、ビールを小麦麦芽で飲みやすくしたイメージです。

 パッケージや名前からのイメージとは異なり、ふんわりというよりは、どちらかというときりっとした白ビールで、炭酸強め・苦みもしっかりあるので、揚げ物にも合うような白ビールです。

【レビュー】しっかり効かせた柚子のビール 軽井沢香りのクラフトPremiumの感想

柚子、香る。
新たな自信作、誕生。

 今回ご紹介するのは軽井沢ブルワリー初となる柚子のビールです。ほのかに柚子を効かせたビールはよくありますが、しっかり柚子の存在感を出しているビールです。

軽井沢
香りのクラフト 柚子

柚子のビール 軽井沢香りのクラフトPremiumの感想

商品紹介(公式情報)

【内容量】350mL
【価格】258円(希望小売価格)
【ALC.】4.5 %
【カロリー】52 kcal/100mL
【原材料】麦芽(カナダ製造、ドイツ製造)、ホップ、米、ゆず(果汁・果皮)

特長紹介

 国産柚子を贅沢に使用し、スッキリとした味わいとジューシーで心地よい柚子の香りの「軽井沢 香りのクラフト 柚子」は、ビールが苦手な方にもおすすめです。柚子由来の爽やかな香りとスッキリとした飲み口で料理の美味しさを一層引き立てます。どんな料理にも合いますが、湯豆腐や温かいお蕎麦など繊細な和食との相性が良いです。

感想

柚子すぎず、食事にも合うビール

 柚子の香りが立ち上り、飲んでも柚子の香りが鼻に抜けます。柚子果汁も入っているので酸味などの柚子の味も感じられますが、ビールとしての味わいを壊すほどではありません。

 苦みは少なめのビールはあっさり・スッキリした味わいですが、余韻にしっかりビールの香りもします。インパクト重視というわけではなくしっかりバランスがとられた商品です。

【限定醸造】プレミアムモルツ<黒>を飲んだ感想

今しか飲めない豊かなコクとうまみをお楽しみください。

 プレミアムモルツかの黒が今年も発売されました。2017年にチェコのビール品評会で「スペシャルダークビア部門1位」を獲得したビールでもあります。

プレミアムモルツ
The Black<黒>

【限定醸造】プレミアムモルツ<黒>を飲んだ感想

商品紹介(公式情報)

【内容量】350mL/ 500mL
【価格】239円/ 361円(Amazon)
【ALC.】5.5 %
【カロリー】52 kcal/100mL
【原材料】麦芽、ホップ 

特長紹介

上品な香ばしさが特長の厳選された黒麦芽と、欧州産アロマホップを使用し、ダブルデコクション製法で醸造した“豊かなコクとうまみ”をお楽しみいただける商品です。

感想

バランスの取れたプレモル感もある味わい

 注いでいるときの香りは、黒ビールの感じはせずプレモルのさわやかな香りがします。もちろん飲んだ時には黒ビールのロースト感がしっかりします。甘いカラメル香というよりは、しっかりローストした黒豆のような深い香りです。

 苦みは普通のものと同じぐらいで、味は酸味もありうまみも感じられます。プレモルらしさも感じられるバランスの取れた黒ビールです。

【限定】東京仕込みプレミアムモルツ&香るエールBrewed in TOKYOを飲んだ感想通常との違いは?【比較レビュー】

プレミアムモルツ東京クラフト

 ■サントリー初のビール工場「サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー」でつくられたビール

 今回は関東圏限定のプレモルBREWED IN TOKYOを飲んだ感想です。醸造場所が違う以外は特別な商品ではありませんが、醸造所による違いも気になるところです。関東以外では店頭では販売していませんが、ネット購入可能です。

プレミアムモルツ
BREWED IN TOKYO

プレミアムモルツ東京クラフト比較

商品紹介(公式情報)

【内容量】350mL
【ALC.】5.5 %
【カロリー】47 kcal
【原材料】麦芽、ホップ 

公式コメント

溢れだす華やかな香りと深いコクをお楽しみください。

感想

違いは酸味とすっきりした後味

『Brewed in TOKYO』飲んでみると、少し酸味を感じる。すっきりした後味で、苦みは程よく香りは、プレモルらしいさわやかな香りが少し強めな気がします。

続けてノーマルのプレミアムのモルツを飲んでみます。先ほどと比較すると、麦の香りが少し強いです。味も異なり、酸味は少なめで甘みがつよく、後味のコクを感じる味わいでした。

<香る>エール
BREWED IN TOKYO

プレミアムモルツ東京クラフト香るエール比較

商品紹介(公式情報)

【内容量】350mL
【ALC.】6%
【カロリー】40kcal/ 100mL
【原材料】麦芽、ホップ 

公式コメント

フルーティーで豊かな味わいのエールビールです。

感想

缶を開けるだけで感じるリンゴの香り

 『Brewed in TOKYO』開けただけで、リンゴ系の甘くさわやかな香りがします。飲んでみると、そこまで強くは感じません。口当たりはよく、味は濃すぎず苦みも程よい感じです。 

 ノーマルの香るエールを続けて飲んでみましたが、グラスから立ち上る香りはこちらもちょうどよいさわやかさ。飲んでみると、そこまで違いがわからなかったので飲んだ方は大きな違いがあれば教えていただきたいです。

【レビュー】銀座ライオンの缶ビール ビヤホール達人の生を飲んだ感想

ビール注ぎの達人「井上克己」の生を再現

 日本最古のビヤホール銀座ライオン伝統の「一度注ぎ」生ビールの味わいを目指した商品。苦みを抑えた味わいと、すっきりとしたのどごしの、ビヤホールで飲む生のおいしさが特徴の商品です。

「一度注ぎ」のポイント 

注ぎながらグラス内でビールを回転させることにより、余分な炭酸ガスを抜き、雑味を泡に閉じ込めることで、すっきりとしたのど越しと苦みの少ないビールに仕上げます。

 たまたまスーパーで見つけたので買ってみました。実店舗の銀座ライオンは、お昼から通しで夜までやっているお店なので、早めの時間にビールを飲みたいというときにもいいお店ですよね (少し高級ですが)。

サッポロ銀座ライオン
ビヤホール 達人の生

サッポロ銀座ライオンビヤホール達人の生飲んでみた

商品紹介(公式情報)

【内容量】350mL/ 500mL
【価格】183円/ 255円(Amazon)
【ALC.】5.5 %
【カロリー】44kcal/100mL
【原材料】麦芽、ホップ 

特長紹介

・苦みを抑えた味わいと、すっきりとしたのどごしの麦芽100%ビール。
・カラメル麦芽を一部使用し、やや濃い色合い。

感想

強炭酸の爽快感と濃い味

 色は濃い目でカラメル麦芽が使用されているのがわかります。強いロースト香は感じられませんが少し甘い糖系の香りは感じられ、麦の香りがすごく強く感じられます。

飲んでみると、強い炭酸が第一印象です。炭酸強め、うま味・酸味・甘み濃いめという感じです。苦みは弱めですがないわけではないです。すっきりとしたのど越しというか、強い炭酸で「クーッ!プハーッ!!」という感じです。